おしりにきびの原因と治し方。スペシャルケアも紹介

おしりにできてしまったブツブツにきび。ただ隠すだけではなくしっかりと原因から対策していく方法を解説します。おしりのにきびはいざという時、清潔感や印象に大きな悪影響を与えるだけにしっかりと治療・予防が出来るようにしていきましょう。

おしりにきびの原因と治し方。スペシャルケアも紹介 > おしりにきびの原因と対策~ブツブツを治してキレイに

おしりにできてしまったブツブツにきび。ただ隠すだけではなくしっかりと原因から対策していく方法を解説します。おしりのにきびはいざという時、清潔感や印象に大きな悪影響を与えるだけにしっかりと治療・予防が出来るようにしていきましょう。

おしりにきびを治したい

おしりにきびは痛くて座る時にも気になるだけではなく、いざ海水浴やプールで水着を着るときや、温泉や恋愛などの様々な場面で見えてしまうと印象的にもよくありませんよね。

座るだけでも下着が擦れて痛かったり、体重がかかっておしりにきびの存在を思い知らされてイヤな気持ちにもなります。

気にしてるのは自分だけかもしれないけど、おしりにきびが気になるせいで「イベントを楽しめない」事実は精神的に辛くなる原因にもなります。

当サイトでは「おしりにきびのせいで自分にネガティブになってしまう」という方が自信を取り戻すためのおしりにきびの撃退方法を原因と合わせて解説しています。

おしりにきびに人生を邪魔させない!ということはもちろん、完治が大変なニキビ跡を残さないためにも早く治すことを目指しましょう!シミや色素沈着が残ると自信喪失です。

「座るたびにイヤでも気になる」おしりにきびを隠すだけではなくて、原因を把握してしっかりと治療していきましょう。おしりにきびはポイントを押さえて正しく対処していくことで簡単に治すことが出来ます

「更衣室でも目立たないようにこっそりと」なんてネガティブな人生にもさよならする事を目指して対策方法を見ていきましょう。まずは原因を知ることからスタートします。

おしりにきびができる原因

おしりにきびの原因には、汗・衣類の刺激、蒸れ、座った時の刺激・角質肥厚など様々な原因があり、どれも重要です。しかし最大の原因となるのは「乾燥」です。

おしりにきびに悩んでいる人で、おしりの乾燥対策にまで力を入れているという人は少ないのではないでしょうか?

中には治したい一心からボディソープを使ったおしりのケアを丁寧に行いすぎて、かえって皮膚の乾燥を悪化させてしまっているケースも考えられます。

でも、下着や石鹸選びよりも優先すべきスキンケアがあります。

実際、乾燥対策さえしっかりと行われて肌環境が整っていれば皮脂が分泌されても上手く毛穴から排出することができるし、角質層も柔らかく保ってバリア機能を維持することだって出来ます。

乾燥という大きな原因さえしっかりと対策していけば、おしりにきびの予防・改善にとって大きな意味があるんですよ。乾燥ケアに絞って詳しく対処方法を見ていきましょう。

(顔の肌荒れにお悩みの方にはこちらのサイトも参考になります:顔中ニキビだらけ!スキンケアで治す方法【2016】

おしりにきびの治し方

おしりにきびを治すカギはたった一つ。それは乾燥対策、つまり「保湿ケア」にあります。

とはいっても外出時の日中にトイレに行って頻繁に化粧水を吹きかけましょうという事ではありません。出来ること・やるべきことはとてもシンプルで「お風呂上がりにしっかりと保湿ケアをする」。これだけです。

洗顔後に顔を保湿するのと同じように、おしりもお風呂上がりにはしっかりと保湿をしてあげましょう。これだけでおしりの肌環境が徐々に改善されていくことが狙えます。

しかもただおしりにきびができにくくなるだけではなく、角質肥厚が改善されることによって、プリプリのキレイな美尻をゲットすることにもつなげていくことが可能です。

おしり専用の保湿ジェル”ピーチローズ”を使うことで効果的な治療が可能になっています。顔用の化粧水をおしりにも使うより身体には身体用を、おしりにはおしり用を使っていきましょう。治っている!という実感があると毎日の入浴が楽しみにもなってきますよ♪

(洗顔料がボディソープとしては使えない事と同じです。皮膚の厚みが違うため成分の浸透に差が出てしまうんですね。)

おしり専用の唯一と言ってもよい保湿ジェルのピーチローズを見てみてください。プラセンタやセラミドといった定番の保湿成分が配合されているだけではなく、にきびの炎症を鎮める作用を持ったグリチルリチン酸ジカリウムという有効成分も配合されている点がピーチローズの強みです。

痛くて気になるおしりにきびを治す

おしりのにきびは座るたびに痛むし気になってイライラもしてきますよね。座る刺激がさらなる悪化の原因になると思うと気が気ではいられません。仕事が事務職でデスクワーク中心だともう悪夢です。クッションを敷いても慰め程度しか痛みは緩和されませんもんね。

仰向けで寝る派だけどうつ伏せで頑張って寝ている人もいるかもしれません。

なかなか治らないことでイライラやストレスが増すと男性ホルモン(アンドロゲン)を増やし、余計な皮脂分泌を引き起こすため吹き出物の原因になってしまいます。

だからこそ繰り返しになりますが、なるべく早く正しい治し方を実践していく事が大切になります。

専用保湿ケア”ピーチローズ”を使った化粧品による対策を始める事でおしりの肌環境を整え、ターンオーバーの周期と機能を安定させて根本的な肌トラブルの解消を狙っていきます。

そして、痛みも伴う炎症性のおしりにきびには合わせて治療薬を使って治していくことも効果的です。

専門的な治療薬を選ばなくても市販で売っているオロナインを保湿ケアの後に使用するだけでじゅうぶんな効果を期待できますよ。

衣類への付着が気になる場合には、オロナインを使用した後に絆創膏かニキビ用のパッチシールなどでカバーしてあげれば安心です。

皮膚科で診察を受けることが恥ずかしくなければ、ダラシン、ゲンタシン、アクアチムといった抗生物質を処方してもらった上でピーチローズで予防ケアも徹底するとより即効性が高い治療法になります。

アクネ菌を殺菌して一日でも早く治療するなら薬もあった方が強力です。

薬局、ドラッグストアで購入出来る塗り薬でもっとにきび専用の薬にするなら、テラコートリル、ペアアクネクリーム、クレアラシル、ビフナイトといった外用薬もおすすめです。

専用の保湿ケアピーチローズを使ったスキンケアと、治療薬の使用の双方でより効果的におしりのニキビを治療していきましょう。

薬で痛いおしりにきびを少しでも早く治して、症状を繰り返さない肌作りのために保湿ジェルを使うイメージです。

治療薬の使用では数日、保湿ケアでは2週間から1ヶ月もあれば違いを感じとれるようになってくると思うので、焦らず余裕を持ってケアを行っていきたいですね。

返金保証もついているし電話でしつこいセールスをされることもないし、定期コースの解約も簡単だし、継続の周期も自由に調節が可能なので今試しやすくなっています。実感出来れば続けるだけ!という状態ですね。

>>>おしりにきびには専用保湿ジェルの「ピーチローズ」