おしりにきびの原因と治し方。スペシャルケアも紹介

おしりにきびケアでまず気をつけたいのがボディソープ選びだと思います。ボディソープで刺激感や乾燥感を感じてしまう場合、おしりにきびを治すことは難しくなってしまうため、肌に合った石鹸を確実に選べるようにしていきましょう。

おしりにきびの原因と治し方。スペシャルケアも紹介 > おしりにきびに効果的なボディソープ選び

おしりにきびケアでまず気をつけたいのがボディソープ選びだと思います。ボディソープで刺激感や乾燥感を感じてしまう場合、おしりにきびを治すことは難しくなってしまうため、肌に合った石鹸を確実に選べるようにしていきましょう。

おしりにきびはボディソープ選びから

おしりに増えてしまったにきび対策を行う上で、肌に負担にならないボディソープ選びは「前提」となります。

おしり専用の保湿ケアを行うとしても、その前のボディソープで刺激感や乾燥感を感じていてはおしりにきびの改善はなかなか望めなくなってしまいますもんね。

今使っているボディソープや石鹸で特に問題を感じていない場合は、基本的にはそのまま使い続けながら保湿ケアを導入することでおしりにきびの改善が十分に狙えると思います。

しかし、今のボディソープや石鹸に少し不安を感じているという方や、もっと良い製品を見つけて一日でも早くおしりにきびを対処したいという方もいますよね。

そのような時はにきび肌にとってより使っていきやすいボディソープを見つけることでスムーズな改善への第一歩を踏み出していきましょう。

にきび肌のボディソープ選びの基本

まず石鹸かボディソープか?という最も基本的な話になりますが、石鹸は成分はシンプルで肌に負担は少ないとはいえアルカリ性であるため、敏感肌にとっては刺激になってしまう可能性も十分にあります。

アルカリは角質層を剥がす効果があるため、角質層のバリア機能が弱まりがちなにきび肌に適切とは言えません。

泡立てるのも保管も面倒なので、おしりにきびケアとして石鹸は思い切って選択肢から外してしまいましょう
(もちろん、今使用感の良い石鹸を持っているなら変えなくてもOKです。)

となるとボディソープから選んでいけば良いのですが、ボディソープも一長一短があります。

最大のメリットは肌の性質に近い「弱酸性」の製品が多いことです。泡立てやすくスムーズにおしりのケアを出来るのも良いポイントですね。
(若干、水切れが悪いですが、すすぎは念入りに行った方が良いので好都合です。)

一方で、石油系合成界面活性剤が使われがちなので、敏感肌の場合には石油系合成界面活性剤不使用のボディソープから積極的に選ぶことで磐石に近づくと思います。

また、保湿成分も含まれているかどうかもプラスアルファの要素としてチェックしておくと、おしりにきびをケアするにあたって最高のボディソープを選ぶことが出来るかもしれませんね。

私が使っているボディソープ

とはいえ、最後にモノを言うのは実際の使用感です。

どれだけ理論上は肌に優しくても自分の肌には合わなかったり、使っていく中で明らかにおしりにきびが悪化していくようであれば意味がありませんよね。

自分の中で条件を満たしているかな?と感じるボディソープが見つかったらまず試してみる方が早い場合がほとんどです。

家族と同居の場合は、ダメでも家族に使ってもらえば良いし、兼用の場合には自分のおしりにきびケアのために好条件のボディソープを揃えることが出来ない場合もありますもんね。

おしりにきびケアのメインはボディケア後の保湿ケアなので、ボディソープは使ってみて良ければ継続、ダメなら変更という気軽なスタンスでベストを探していきましょう。

ちなみに私がおしりにきびを落ち着かせることに成功したボディソープがこの「ニベアボディソープ」です♪



保湿感が最高で守られている感じがするんです。

今おしりにきびに悩んでいる方も、自分にとって最高のボディソープを見つけてくださいね。

でも、あくまでおしりにきびは保湿ケアが改善のポイントという基本は忘れないようにしていきましょう!(念押し)