おしりにきびの原因と治し方。スペシャルケアも紹介

おしりににきび跡や黒ずみが残ってしまったら、角質層を柔らかくして肌の新陳代謝がスムーズに行われるように保湿ケアを念入りに行っていきましょう。焦らず皮膚の状態を少しずつ改善させる事でおしりのにきび跡や黒ずみも消していくことが出来ますよ。

おしりにきびの原因と治し方。スペシャルケアも紹介 > おしりににきび跡と黒ずみが残ってしまったら

おしりににきび跡や黒ずみが残ってしまったら、角質層を柔らかくして肌の新陳代謝がスムーズに行われるように保湿ケアを念入りに行っていきましょう。焦らず皮膚の状態を少しずつ改善させる事でおしりのにきび跡や黒ずみも消していくことが出来ますよ。

おしりににきび跡が残ってしまった!

おしりににきび跡が残ってしまった事に気づくとショックですよね。ただのおしりにきびなら治る希望が持てるのに、にきび跡や黒ずみは一生残るというイメージを持っている人も多いと思います。

「一生このままのおしりなのかな?」

そんな風に考えたくなくても考えてしまうと思います。本当にいつの間にできたのか?と不思議に思う事もありますよね。にきびによる皮膚へのダメージで、肌が弱っている時に下着で蒸れたり、座った時の圧力や摩擦で擦れて跡や黒ずみを作ってしまうんですね。

「このまま悪化が進んだらどれだけ汚いおしりになってしまうんだろう・・・。」

そんな不安も頭をよぎります。デートに向かう自信も無くなってしまいそうです。

でも悲観する必要はありません。時間をかけてケアを行っていけるのであれば、おしりに残ってしまったにきび跡や黒ずみを目立たなく消していくことは全然可能ですよ。

保湿で肌を生まれ変わらせる

おしりにきび跡や黒ずみを目立たなくさせていくためには、保湿ケアで毛穴のターンオーバー機能(新陳代謝)が正常に働くように整えることが最も大切です。

にきびができたり跡や黒ずみが残ってしまったという事は、どこかの段階で毛穴が詰まり正常に機能しなくなった事を意味しています。

毛穴のターンオーバー機能が正常でしっかりと老廃物を排出できる状態にあれば、毛穴詰まりも起きないからにきびもできないし、角栓が酸化したりメラニンがたまって黒ずみができることもありませんもんね。

毛穴のターンオーバー機能を蘇らせて再び新陳代謝がしっかりと行われるようになる事で、少しずつですがにきび跡や黒ずみも目立たなくなっていきます

ターンオーバー機能が鈍った毛穴は角質層が厚く硬くなり(角質肥厚)、成分もしっかりと浸透していかない状態にあります。これを保湿ケアで柔らかく整えていきましょう。

すると遅れていた新陳代謝が正常な周期に次第に戻っていき、皮膚が生まれ変わるようになることでにきび跡も目立たなくなっていきます。にきびもできにくくなる予防にもなるし、質感としても柔らかい魅力的なおしりに近づけるので一石三鳥ですよね♪

おしりの硬くなった皮膚にしっかりと保湿を行き渡らせるためには、専用の保湿ジェルを使っていくと良かったですよ。一度見てみてください。

>>>おしりのにきびや黒ずみにはこの専用保湿ケア⇒「ピーチローズ」